コストコおすすめ通販.com

コストコおすすめクーラーボックスまとめ2014!デカすぎな新商品

cooler_box00コストコでゲットできるクーラーボックスまとめ2014年版です

スポンサードリンク

コストコは商品のローテーションが他の店舗より、大分早いのが特徴です。

クーラーボックスはこれから買う人が多いと思いますが、コストコでは8月にもなると次々と売り切れてしまうという現象が起きてしまいます。

夏のど真ん中なのに、買えない……

cooler_box07『コストコで買おうと思てタンニ…』なんてことが多々あります。

しかし、コレばっかりは仕方がありません。売り切れているのであればドンマイです。

『まークーラーボックスなんて、量販店で売ってるような水色のやつでいいや〜』って人はアレですけれども、

 

『今年は、本格的なやつを買うぜ』と気合いが入っている方、コストコで売ってるのは安いのでおすすめです。

 

そこで今回は、2014年のクーラーボックスのラインナップを紹介していきます ^ ^

スポンサードリンク

人気のものは週末ごとに在庫がドンドン減っていき、8月には買えなくなりますのご注意くださいませ。

コストコのクーラーボックス2014

 

Colemanスチールベルトクーラーボックス54QT

cooleer_box04¥15280 #569170 51L

毎年スグ売り切れる人気NO.1はコレ。

レッドとグリーンの2色あるんですけれども、レッドが人気です。いっつも緑が余ってる。

コストコのクーラーボックスは後に紹介しますが、基本的に巨大です 笑

cooler_box06そのラインナップの中でも、51Lという一般家庭で使うにはちょうどいいサイズだなーと。

クーラーボックスでカッコつけるなら、赤のスチベルで決まりです   ^ ^

Colemanスチベルのスペック詳細はこちら>>

IGLOOマックスコールド165QT

cooler_box08¥13180 #819779  (156L)

こちらも毎年売ってる定番商品。

小さめの大人なら、すっぽり入れるくらいの収納力があります。

2013年はサブカラーでオレンジが入ってたんですけれども、今年入荷してるものはシンプルな真っ白。

UVカット素材なので、直射日光のあたる船のデッキに置いてても大丈夫なやつです。

大きくてタフなやつならコレがテッパンです。

IGLOOマックスコールド165QTの詳細はこちら>>

CARIFORNIA INNOVATIONSクーラーバッグ

cooler_box02¥2880 #615413

350ml x 50缶収納できるクーラーバッグです。

ビッチリ隙間なく詰め込むと、MAX50本。

缶専用ってわけではなく食品なども入れることができます。

ボックスケースではないため、使用しないときは折り畳めば半分くらいのサイズになるってのが良いですね。
【STILL ICE AFTER 2 DAYS(2日間氷が溶けない)】保冷力もアピールしてますね。

RIO CREATIONSステンレスクーラーボックス ローラー付100QT

cooler_box03¥17480 #828520 (94.6L)

ステンレスのボディとローラー付きというのが特徴。

氷やドリンクなどをいっぱい収納すると、かなりの重量になってしまうのですが、キャスターが標準装備なので、女性でも楽に移動させることができます。

 

ふたの部分は、作業台としても使えます ^ ^

ゴツすぎる新商品

クーラーボックスってだいたい毎年固定なんですけれども、今年は新商品が入ってきてました。くそデカイしゴツい 笑

cooler_box01PELICANクーラーボックス95QT

¥39800 #765230 108L

なんかね、見た目がゴツゴツしてロボみたいな感じです。

イグルーのマックスコールドよりも小さいんですけど、コンテナみたいなボディで重量が結構あります。

【UP TO 10 DAYS ICW RETENTION(10日氷がとけないぜ)】と強気のメッセージが書いてあります。

コストコで取り扱ってるアウトドアメーカーって、コールマンやイグルーなどメジャーなものだけだったんですが、今年はPERICAN(ペリカン)が仲間入り。

サイズがデカいので、一般向けではありません。イグルーよりもかなり値段高いし。

誰が買うんやろか…

コストコのクーラーボックスまとめ2014

アレ?もっと無かった?っと思われるかもしれませんが、僕がこないだチェックしたときはこの4種類のみしか残っていませんでした。

毎年見ていたイグルーのローラー付きのコレとかは、既に売り切れておりました。

なぜこの時期に売り切れるのかというと、楽天やAmazonなどで再販してるショップが、パレットごと大量に買い占めるからなんですね。

同じ商品でもネットショップで販売されているのは、

コストコの値段より確実に高くなりますので、差額を見てみるとどれだけ上乗せされているかが分かりますよ〜

つまりコストコが最安値です。

 

コストコのアウトドア商品リストをチェックするなら、こちら>>


スポンサードリンク

list00

この記事はいかがでしたでしょうか? ^ ^

もしも記事を読んで気に入って頂けたら
⬇のソーシャルメディアボタンで"いいね!"してもらえると超うれしいです♪

コメントはこちら

DigiPress
*

Return Top