コストコおすすめ通販.com

コストコおすすめ新商品”牛タン(厚切り焼肉用)”購入レポート

gyutan_costco00USAチルド 牛タン(厚切り焼肉用)
¥399/g #98410

スポンサードリンク

どうもヤンモです^^

コストコで11月に登場していた精肉部門の商品で、“厚切り牛タン”という非常に興味深いものが出てましたので、買ってみました。

ちなみに今回は天気が良かったので、炭火で網焼きというシンプルかつ最高に美味い食べ方でのレポートです!

以前からコストコでは、皮むき牛タンという商品が出ていて、我が家ではヘビーリピートしてるんですけれども、

これとの比較も含めてどちらがおすすめなのか、上タンの選び方なども紹介したいと思います。

商品スペック

gyutan_costco02原産国▶アメリカ
価格▶¥399/g

今回のBBQの参加者は3人だったので、ちょうど良さそうな分量のパックを買いました。670gで2673円デス。牛タンだけでお腹いっぱい食べようということなので、他のお肉は一切無し。

牛タンの一点張りです。(サイドメニュー的にホタテとコッパ↓)

gyutan_costco01人数が少ない場合、焼きネタを増やすと予算が上がってしまうので、【材料が余らずにお腹いっぱいで安く】をモットーに買い出しをしております。

たまには牛タンだけってのもアリだと思いますよ♪

焼肉屋さんでは出てこない分厚さ

gyutan_costco04厚切りというだけありまして、一般的な焼肉屋さんでは出てこないような厚さでカットされています。

切り口のまっすぐで厚さも一定。5〜7mmくらいでゴツイです。普通の焼肉屋で出てくるタンって、極限まで薄く切ってありますので、それと比べると贅沢感は桁違いだと思います。

上タン選びのポイント

牛タンって部位ごとに食感や脂のノリが全然違うんですけども、コストコの厚切り牛タンは、値段は一律100グラム399円。

つまり、タン先の脂が少なく、やや固めなところが多く入っているパックも、タン元の脂がノリまくってる部分が多いパックも、値段が同じってことになります。

食感や味が全然違うし、同じ値段だったら上タン食べたいですよねやっぱり。

もし上タン狙いの場合は、サシが多く入ってるものを選びましょう。

タン元はサシの面積が多いので、一目瞭然です。

逆にさっぱりと食べたい方は、サシの少ないものを選べばOKだと思います ^ ^

全てはサシの入り具合で見極めることが出来ます♪

スポンサードリンク

皮むき牛タンとの違い

gyutan04 皮むき牛タンは、ベロが一本丸々入っているので、切り分けて色んな料理に使うことができます。トリミングやカッティングという処理は必要ですが、価格は¥288/g(変動あり)と格安です。

これだったら1cm以上の厚切り牛タンステーキを作ることもできます♪ 筋の部分はカレーやシチューや煮込みにすることも出来るので、ゴミになる部分も無いですし。

gyutan06ただし、下ごしらえには時間と技術が必要です。ブニブニして切りにくいので、結構手こずります。

一方、厚切り牛タンであれば、ラップを剥がして焼くだけなので、面倒な手間は一切不要。時間も節約できます。

焼肉用であれば、厚切りタイプの方がいいかもしんない(・o・) 結局のところ、その編はお好みでございます。

まとめ:目的次第

厚切りタイプは、用途が焼き肉オンリーかつ、めんどくさい下処理の手間を省きたい、という方におすすめ。

皮むきタイプは、色んな料理に使いたい、グラム当たり100円安くなるのなら下ごしらえの手間をいとわない、という方におすすめ。

どちらにも良さがあるので、そのときの状況に合わせて選ぶのが正解でございます ^ ^

個人的には皮むき牛タンで1cm以上の極厚タンステーキで食べるのが好きです♪次の記事で詳しく紹介しておりますので、こちらもどうぞ↓

1 .2..   次のページ▶▶


スポンサードリンク

list00

この記事はいかがでしたでしょうか? ^ ^

もしも記事を読んで気に入って頂けたら
⬇のソーシャルメディアボタンで"いいね!"してもらえると超うれしいです♪

コメントはこちら

DigiPress
*

Return Top