コストコおすすめ通販.com

コストコおすすめ冷凍食品”餃子計画 生餃子”購入レポート

gyoza00餃子計画 冷凍生餃子

¥748 #511347

スポンサードリンク

こんにちはヤンモです(^^)

みなさん、餃子は好きですか?

ぼくは大好きです。

餃子さえあれば何もいらない。
好きな食べ物の欄のベスト5にはランクインします。それくらい好きです。

冷凍生餃子という食べ物は、食品会社が誇る最新の食品加工技術&冷凍技術が結集した食べ物だと思います。

それゆえ、その辺のスーパーで売ってるチルドの餃子は10年以上口にしていません。

まずいチルドの餃子は何度も食べたことありますが、未だにまずい冷凍生餃子を食べたことはありません。冷凍生餃子という食べ物には、絶大な信頼をおいています。だいたい、まずい冷凍餃子ってあるんですかね?

というわけで、コストコで売ってるやつを買ってみました。

商品スペック

gyoza01内容量:1kg
メーカー:株式会社 餃子計画
製造国:日本(大阪)

パッケージの雰囲気から海外で製造されてるものかと思いきや、めっちゃ日本で作られています。

餃子の餡のメイン材料はすべて国産というこだわりっぷり。

裏面の成分表示には、キャベツ・玉ねぎ・にんにく・生姜・ニラ・豚肉のあとに、
(国産)の文字が刻まれています(一つずつ)。

(パッケージの全面に打ち出してアピった方が伝わると思うけど)

gyoza02これまで餃子を焼いたことがない餃子初心者のために、美味しく焼くためのレシピがイラスト付きで掲載されているという、どこまでも消費者にやさしい配慮が。

1個あたり20g/14.96円

gyoza04中はこんな感じで、コロンとした餃子がゴロゴロと入ってます。ニチレイとかの大手冷食メーカーの冷凍餃子よりも、丸っこい感じです。

gyoza05重さを量ってみると、きっちり1個20g。
6個量りましたが全部20gでした。
gyoza06

1個あたりのコストは14.96円。たまにクーポンの時があるので(200円OFFくらい)そのタイミングで買えれば、1個当たり10円くらいになります。バカ安。

スポンサードリンク

水餃子で食べてみた

焼き餃子って意外と時間かかるし、火加減とかめんどくさいし、最後皿にひっくり返すところまで油断できないので、今回は水餃子で食べることにしました。

【作り方】
gyoza07①沸騰したお湯の中に投入

gyoza08②中火で5分茹でる&タレを作る

gyoza09③お湯から取り出す

 

以上です。

簡単すぎるし、完成までにかかる時間がバリ短いです。

カップラーメン感覚で作れるのが水餃子のいいところ。

gyoza10今回タレに使用したのは”牡蠣ゆずポン酢”。(←コストコで売ってる)

皮は結構しっかりしていて、、鍋の中をぐるぐる泳いでいる間に分解するということもありませんでした。(強火でやってたら分解する可能性はあるので、誰か試したら教えてくださいませ)

感想:水餃子うめぇ

牡蠣ゆずポン酢+ゴマ+柚子胡椒(追い柚子)ダレにちょんとつけて食べましたが、

gyoza12

 

うんま。

 

 

gyoza13餃子自体があっさりしていて、キャベツとかの野菜の甘みが感じられるほど。ニンニクは全然感じません。ニチレイとかの冷凍餃子よりも、味は薄く感じました(いい意味で)

水餃子にしたこともあって、あっさりが加速したことも考えられますが、いくらでも食べられるぜーという感じ。キムチチャーハンの大盛りを食べたあとに、ペロリと食べれたので、多分本当にいくらでも食べられます。

gyoza11茹でて美味しかったので、鍋の具材にもイケるはずやし、この餃子をひたすら食べ続けるという”水餃子パーティー”を一回やってみたいです。たこパ感覚でスギョパやりたい。

ちょっと小腹が空いた時に5〜6個茹で食べても100円いかないので、おやつにも良いかも。

これはリピートやな、と思わせるくらいのやつでした( ̄▽ ̄)/

評価:★★★★★(5つ)


スポンサードリンク

list00

この記事はいかがでしたでしょうか? ^ ^

もしも記事を読んで気に入って頂けたら
⬇のソーシャルメディアボタンで"いいね!"してもらえると超うれしいです♪

コメントはこちら

DigiPress
*

Return Top